• 今日33/23
  • 明日33/26
文字サイズ

フォトシティさがみはらで知る『写真を見る楽しみ・撮る楽しみ』

4/37

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

写真の楽しみとは一体なんでしょう?きれいな写真を見ること?かっこいい写真を撮ること?その前に、「良い写真」とは一体何なのでしょうか。
たくさんの写真が身近にある現代ですが、あえて1枚1枚の写真をじっくり眺めて、この写真の良さはなんだろうと考えてみませんか。
作品の細かな特徴や、自分自身のものの見方に気付けるかもしれません。

■写真を見る楽しみ

▽距離を変えて見てみる
はじめは遠くから。次は近づいて。作品の全体像を眺めた後に、細かな映り込みや陰影などを見てみましょう。実物ならではの発見がそこにはあります。その発見をもとに、写っているモノの様子や人の表情から、「なぜ?」という想像力を働かせてみましょう。きっと、さらに多くのものが作品から見えてくるはずです。

▽調べてみる
作品が撮られた場所や人物には、それぞれの歴史や背景があります。気になった作品があったら、それにまつわるものを調べてみましょう。物語を知ることで、また違った見え方が開けることがあります。

▽比べてみる
作品のテーマは、その国独自のものでしょうか?それとも自分たちにも共通するものでしょうか?あるいは、過去の出来事なのか、今も続くものなのか?地理や時間といった部分から、作品と自分自身を比べてみると、自分を取り巻く世界の広さと深さが見えてくるかもしれません。

■写真を撮る楽しみ

▽ひとつの被写体やテーマを追い続けてみる
展示されている作品の解説を見ていくと、時間をかけてひとつのテーマを撮り続けていることが分かります。同じものの時間の変化を記録していくと、目では見えなかったものが浮き出てきます。ゆっくりと、時間をかけて写真を撮ってみるのも楽しみ方のひとつです。

▽真似してみる
「学ぶ」の語源が「まねぶ」であるように、何事もまねしてみるのは重要です。展示を見て気になった作品があったら、構図や撮る角度などを真似してみましょう。新たな創作のヒントが得られるかもしれません。

《フォトシティさがみはら「写真アジア賞」創設20周年記念展》
■カレイドスコープ―アジア写真の輝き

今回紹介した作品を含めた90点の写真を展示。それぞれの写真についての解説も楽しめます。
日時:3月27日(日)まで午前10時〜午後6時(水曜日休館)
会場:相模原市民ギャラリー
所在地:中央区相模原1-1-3 シティ・プラザさがみはら(セレオ相模原4階)

問い合わせ:相模原市民ギャラリー
電話042-776-1262

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU