• 今日15/10
  • 明日11/10
文字サイズ

東京2020オリンピック・パラリンピックを振り返る

5/39

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

コロナ禍での開催ということもあり、大会の盛り上がりを間近で感じる機会は少なくなってしまいましたが、東京2020大会を通じて、他国との交流や市ゆかりの選手の活躍が見られました。
本市に関係する主な出来事を写真で振り返ります。

■オリンピック・パラリンピック「聖火」
公道でのオリンピック聖火リレーが中止となり、橋本公園で点火セレモニーが実施されました。また、パラリンピック聖火フェスティバルの採火では、さがみはら津久井産材で作ったスウェーデントーチを使用。県の集火・出立式へ本市の火を送り出しました。
・本市ゆかりの聖火ランナー・月崎竜童さん(JAXA宇宙科学研究所)が聖火皿へ点火。県内2日目のセレモニーを締めくくった
・パラリンピックの採火式はあいにくの大雨で中止に。当日は市職員が採火した

■事前「キャンプ」(ブラジル・カナダ)
さがみはらグリーンプールや相模原ギオンアリーナなど、私たちの身近な施設で大会に向けた最終調整が行われ、本市で受け入れた全競技でメダル獲得の快挙となりました。また、オンラインを活用するなど、コロナ禍でもできる限りの交流が行われました。

▽カナダ事前キャンプ ボランティア
藤林アレックスさん
カナダの代表選手と一緒に過ごした2週間はとても貴重な経験の連続で、素晴らしい毎日でした。
活動を通して、オリンピアンになることの大変さや国を代表することの重みを知ることができました。
・県立相模湖漕艇場で練習に励むカナダ代表ボートチーム
・市内の子どもたちが作成した応援フラッグにブラジル代表選手たちも感激!

▽ブラジル
金メダル…カヌー スプリント 男子カナディアンシングル 1000m
銀メダル…女子バレーボール
銅メダル…競泳 男子50m自由形
銅メダル…競泳 男子200m自由形

▽カナダ
・ボート
金メダル 女子エイト
銅メダル 女子ペア

■自転車「ロードレース」
世界のトップ選手たちが相模原の街並みを疾走!見慣れた風景が歴史の大舞台の一幕となった2日間でした。
・自転車ロードレース競技のコース沿道では、多くの市民がボランティアとして活躍した
・市内の街並みを猛スピードで走り抜ける選手たち。「いつもの道」が「オリンピックの舞台」に変わった瞬間だ

▽東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(本市から派遣)
菊地原 学ディレクター
台風による道志みちの斜面の崩落や、コロナ禍でオリンピック開催自体が危ぶまれる中、大会当日まで、選手たちが安全に安心して競技に臨めるコースづくりに励んだ毎日でした。当日の2日間は天候に恵まれ、市内30kmのコースを事故なく選手たちを通過させることができ、ほっとしています。

■市ゆかりの「選手」
コロナ禍にも負けず大会に挑んだ選手たち。どの競技も全力で戦う勇姿が見られました。
▽選手の活躍を紹介
・柔道競技 男子60kg級 金メダル
髙藤直寿 選手(東海大学付属相模高等学校・同中等部卒業)

・野球競技 金メダル
吉田正尚 選手(青山学院大学硬式野球部出身)

・陸上競技女子マラソン(視覚障害T12)金メダル
道下美里 選手(本市職員が伴走)

・柔道競技 女子48kg級 銀メダル
渡名喜風南 選手(緑区出身、相原小・中学校卒業)

・柔道競技 混合団体 銀メダル
・同競技 女子57kg級 銅メダル
芳田 司 選手(相原中学校卒業)

・柔道競技 混合団体 銀メダル
田代未来 選手(相原中学校卒業)

・体操競技 女子種目別ゆか 銅メダル
・同競技 女子団体・女子個人総合 5位入賞
村上茉愛 選手(本市出身)

・水泳競技 飛込・男子シンクロナイズドダイビング3m飛板飛込 5位入賞
坂井 丞 選手(南区出身・中央区在住)

・5人制サッカー競技(ブラインドサッカー) 5位入賞
佐藤大介 選手(南区在住)

■オリンピック・パラリンピック「レガシー」
大会の開催を経て、本市で受け継がれていくものがあります。
・大会ゆかりの地に記念碑を設置
・ツアー・オブ・ジャパンの開催(毎年5月に世界のトップサイクリストが参戦)
・選手村で利用された、さがみはら津久井産材の活用 など

問い合わせ:オリンピック・パラリンピック推進課
電話042-851-3248

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU