• 今日28/21
  • 明日27/19
文字サイズ

パラスポーツに親しもう!

4/43

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

《!》紙面の内容は7月20日時点の内容です。記載内容が変更になる場合があります。

東京2020パラリンピックが開催されます。この機会に、パラスポーツを「知って」「体験して」「楽しんで」みませんか。

■東京2020パラリンピック開催
期間:8月24日(火)~9月5日(日)

◆22競技539種目
▽水泳、カヌーなどオリンピックと同じ競技もあれば、パラリンピックにしかない種目もあります。
例)ボッチャ、5人制サッカー など

▽今大会からは、次の競技が採用されています。
・バドミントン
・テコンドー

▽東京2020パラリンピック
聖火フェスティバル相模原市採火式
日時:8月15日(日)午前10時から
会場:市役所本庁舎正面玄関前広場
※観覧者の募集は行いません。

■見て聞いて楽しむ
日本車いすテニス協会ナショナルチーム監督
中澤吉裕さん(南区在住)
多くの一般選手などを指導育成する中で、車いすテニスの選手を全日本選手権優勝へと導く。2002年から日本車いすテニスのナショナルチームの育成に関わる。本市の共生社会の実現に向けたプロジェクトにも携わる。

▽車いすテニスの面白さ
コート、ボール、ラケット、基本的なルールはテニスと全て一緒です。サービスや、ストロークも、テニスと同じようなスピードとパワーで迫力があります。車いすテニスならではのルールに、2バウンドで返球してもいいというのがあるので、あえて相手のタイミングからずらした攻撃も面白さの一つです。車いすは真横に動くことができないことや、対戦相手に背を向けるところも、興味深い動きになると思います。

▽ナショナルチーム監督として
コロナ禍で大会の延期など本当に大変なことが多かったですが、その結果、準備時間が持てたことはプラスだと考えています。選手が力を出し切り、悔いのないプレーでメダルを狙えるように、私たちスタッフも全力を出し切ります。

▽市民の皆さんへメッセージ
障害の有無にかかわらず、すべての人にパラスポーツの頂点を目にしてもらい、新しいことにチャレンジするきっかけになればうれしいです。パラリンピックを見てもらえれば、パラスポーツがどういうものかが分かり、皆さんが共に支え合って生きる社会とは何か?実現するには何をすればいいのか?などを考えるきっかけになるかもしれません。ワクワクしながら見ていただいて、これからもパラスポーツを、みんなで盛り上げていけたらいいなと思っています。

■知って体験して楽しむ
パラスポーツ普及啓発キャラバン
本市と市内の大学や地域団体、商業施設などが連携し、パラスポーツの普及活動をしています。

■子どもたちも体験!
小・中・義務教育学校の授業で、車いすバスケットボールプレーヤーがデモンストレーションを披露しました。また、子どもたちは、競技用車いすや、ボッチャ、ゴールボールなどのパラリンピック競技を体験しています。

問い合わせ:オリンピック・パラリンピック推進課
電話042-851-3248

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU