• 今日5/0
  • 明日10/1
文字サイズ

6月は土砂災害防止月間です(2)

22/40

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

■正しく恐れる、正しく備える
(1)緊急避難場所と経路の確認
自宅近くのどこに緊急避難場所があるか、事前に確認しておきましょう。

▽緊急避難場所と避難所の違いを知り、それぞれの場所を確認しておきましょう
「緊急避難場所」
緊急時に一時的に難を避ける場所 風水害と地震では場所が変わります

「避難所」
自宅が被災した人が避難生活を送る場所

▽ハザードマップを見て、災害時の行動を確認しましょう
ハザードマップを見ながら、避難行動を事前に確認することで、いざというときにも慌てずに行動できます。避難行動判定フローを確認して、あなたもチェックしてみましょう。

▽市境の情報もチェックできます
相模川に隣接する6市町村のハザードマップの確認や、大雨、避難情報のメールマガジンなどに登録できます。

▽ハザードマップとは
浸水や土砂災害が発生する恐れが高い区域を着色した地図
ハザードマップは随時改定し、崖地や川のそばなどに住んでいる人に配布しています。手元にハザードマップがない人は、市ホームページをご覧になるか、危機管理課にお問い合わせください。

(2)非常時持ち出し品の準備
緊急避難場所に特別な備えはありません。飲食物、防寒具、常用の薬など、必要なものがいつでも持ち出せるように準備しましょう。

(3)情報収集手段の確認
いざというときのために、情報を確認できる複数の手段を用意しておきましょう。
避難勧告などの発令時はひばり放送や、携帯電話の緊急速報メールに加え、次の手段でお知らせしています。
・さがみはらメールマガジン「防災」(防災メール)
・テレビ神奈川(tvk)データ放送(地デジ3ch)
・ひばり放送テレホンサービス(電話0180-994-839)
・Yahoo!防災速報(防災アプリ)
・市LINE公式アカウント(LINE ID:@sagamihara_city)
LINEを設定するとひばり放送や河川情報が通知されます。

▽オススメ!防災メール
11万人登録中
・雨の日でもひばり放送の内容が確認できる
・メールを保存すればいつでも必要なときに見られる
・最新情報が早く届く

防災メールの登録説明会や河川水位情報など詳しくは「災害関連のお知らせ」へ

◆当時を振り返りながら作成してみよう
さがみはらマイ・タイムラインは、用意された行動リストをシートに張り付けることで、簡単に作成できます。はさみとのりを用意して、家族で一緒に作ってみませんか。
実際にタイムラインを作成してみましょう。
⇒タイムライン用紙は市ホームページもしくは広報さがみはら6月1日号10・11面からご利用ください

▽マイ・タイムラインとは
自分や家族の避難に備えた行動をあらかじめ決めておくもの
いつ、どのタイミングで避難をするのか、避難をするときに何が必要かをまとめることで、どの状況でどんな行動をするか整理できます。

すぐにできることから、一つずつ始めてみましょう

問い合わせ:
・避難行動・避難情報について…緊急対策課 電話042-707-7044
・ハザードマップについて…危機管理課 電話042-769-8208

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU