• 今日15/10
  • 明日11/10
文字サイズ

《みなみ区版》昭和・平成・令和 南区今昔物語 ~変わるもの、変わらないもの~

41/53

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

新元号「令和」がスタートした今、昭和から令和に至るまで、南区の発展を振り返ります。

●国道16号古淵付近
駅開業時は野球グラウンドでしたが、現在は商業施設が立ち並んでいます。

●古淵駅開業記念式典
古淵駅は昭和63年にJR東日本の民営化第1号の新駅として開業しました。

●相模女子大学正門付近
帝国女子専門学校を母体とする相模女子大学は昭和24年に開学しました。

●相模大野駅周辺
市内初の大規模小売店が開業するなど、現在も南区の玄関口としてにぎわいをみせています。

●小田急相模原駅
現在は近代的な駅ビルができましたが、ホームや踏切には面影が残っています。

●行幸道路(県道51号線)の由来って?
昭和12年の旧日本陸軍士官学校卒業式に昭和天皇が訪れるにあたり、小田急線士官学校前駅(現相武台前駅)と原町田駅(現JR横浜線町田駅)を結ぶ7kmの道路をおよそ2カ月という短期間で整備することとなりました。地元青年団などの勤労奉仕によって道路は無事完成し、これをきっかけに天皇の通行のために利用された道路として「行幸道路」と呼ばれるようになりました。

問い合わせ:南区役所区政策課
電話042-749-2134

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU