• 今日の天気21/11
  • 明日の天気 21/13
文字サイズ

《ちゅうおう区版》地元のおいしさ 召し上がれ

39/62

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

中央区は、住宅地や行政の中心地などのイメージがありますが、鍋物に欠かせない白菜やネギ、煮物でおいしいサトイモなどの野菜、鶏卵や豚肉などさまざまな農畜産物が生産されています。新鮮で栄養満点の「地産地消」を毎日の暮らしに生かしてみませんか。

◆「地産地消」ってここがイイネ!
「地産地消」とは、地域で生産された食材をその地域で消費することで、こんなメリットがあります。
(1)新鮮な食材が手に入る
(2)顔が見えて安心…直売所では旬の食材やおいしい食べ方の情報などを得ることもあります。
(3)環境に優しい…輸送距離が短いので、環境負荷の低減につながります。
(4)地域経済の活性化に貢献

◆こだわって生産しています!
農地は緑のやすらぎ景観としても大切なものですが、従事者の高齢化、担い手の不足などにより、経営耕地面積が縮小し、農地の荒廃化が進むなど、市の農業を取り巻く環境は、大変厳しい状況にあります。しかし、区内の農家では、新鮮でおいしい野菜を届けたいという思いを込めて生産しています。

▽小磯農園の小磯直吉さん(東淵野辺)
今の時季はハウストマトや、白菜・大根・ホウレン草などの冬野菜を作っています。うちの野菜は農薬をできるだけ使わないので、安心でおいしいと直売所でも好評です。

▽向山農園の向山智弥子さん・耕生さん(田名)
地元に戻って農業を始め5年目になります。相模原での農業は消費地と近いので、新鮮なものを提供できるのが魅力です。旬な地元の野菜は、味も新鮮さも抜群ですので、ぜひ手に取ってみてください。

◆地元の食材で作ったおいしいものを食べた~い!
地元の食材を使い、スイーツや料理などを提供しているお店を紹介します。

☆相模原いちごのロールケーキ
「おがわのたまごと、なるベリーファームのイチゴを使用したロールケーキは、新鮮なこだわり卵のコクと完熟イチゴの甘みと香りが口の中に広がります。」
(COCOROの志田由紀子さん)

「子どもたちが笑顔で「おいしい」と言ってくれるのが励みになります。地元の皆さんにぜひ食べてほしいですね。」
(なるベリーファームの成井正志さん)

*相模原市田名のおがわのたまご
地元で愛されるおいしい新鮮卵です。

*なるベリーファームのイチゴ
田名で栽培されている完熟イチゴです。6種類の味比べも楽しみのひとつ。

おがわのたまごロールケーキCOCORO
所在地:田名7460-1(おがわのたまご直売所内)
営業時間:午前9時~正午、午後1時~6時
定休日:木曜日の午後
問い合わせ:電話042-762-2915

☆さがみはら香福豚の生ショウガ姜焼き
「昨年の地場農畜産物マッチング商談会で気に入って、メニューに取り入れました。柔らかくて癖がなく、コクがありおいしいとお客さんに評判です。」
(旬門の榎本敏男さん)

*さがみはら香福豚
4種類のハーブを配合した飼料で育てられた相模原のブランド豚です。

旬門
所在地:中央3-11-4
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~11時
定休日:日曜日
問い合わせ:電話042-776-6706

◆ココで買えます「地元の新鮮食材」
地元の新鮮食材は農家さんの直売所、JA相模原市農産物直売所「ベジたべーな」、市内スーパーや朝市などで販売しています。
直売所や朝市では対面で販売しているので、旬の食材の選び方やおいしい食べ方を教えてもらえるなどのコミュニケーションも楽しみのひとつです。

▽農家さんの直売所
区内には約30カ所の直売所があり、「さがみはら直売所マップ」で紹介しています。マップは農政課や区内まちづくりセンターなどで配布しています。
※市ホームページにも掲載

▽さがみはら市民朝市
日時:毎月第2・第4日曜日
・午前8時~9時(10月~3月)
・午前7時~8時(4月~9月)
会場:市役所本館正面玄関前広場
問い合わせ:市民朝市運営協議会(農政課内)
電話042-769-8239

▽溝の朝市
採れたて野菜の販売や商店街の味が楽しめます。
日時:毎月第3日曜日午前8時~9時30分
会場:ずっと我が家(上溝6-2-22)
問い合わせ:上溝商店街振興組合
電話042-761-4007

———-
問い合わせ:農政課
電話042-769-8239

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU