ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成30年9月15日号

冬眠前のクマに注意!

10/69

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

◆秋のお出掛けを楽しい1日にするために…
市内の山中には、クマが生息しています。山間地に行く時やハイキングをする時は、十分な注意が必要です。特に秋は、冬眠に備え、多くの餌を求めてクマの行動が活発になる季節のため、次のような対策を十分に行ってください。

■クマに出合わないようにしましょう
・できるだけ山に入らない
・山間地では2人以上で行動する
・クマが活発に行動する朝夕や霧が出ている時を避ける
・鈴、笛、ラジオなど音がするものを身に着け、人の存在を知らせる(より高い音のものが有効)
・子グマを見つけたらそっと立ち去る
 ※近くに母グマがいて危険です。

■クマを引き寄せないように注意しましょう
・野山に生ごみを捨てたり、野生動物に餌を与えたりしない
・庭の木になる柿や栗などの果実は早めに収穫する
・生ごみや廃棄果樹、野菜などを適切に処理する
・耕作放棄地や草が生い茂っているところは、刈り払いなどを行う
 ※野生動物にとって格好の隠れ場所になってしまいます。

■もしもクマに出合ってしまった場合には
・慌てて立ち上がったり、大声を上げて騒いだり、物を投げ付けたりして、クマを刺激しない
・クマに背中を見せて走って逃げない
 ※逃げると本能的に追い掛けてきます。
・クマに向き合ったまま、動きを見ながらゆっくり後退する

問い合わせ:
▽クマに関する問い合わせ
 ・水みどり環境課 電話042-769-8242
▽クマを目撃、または痕跡を発見したら
 ・津久井地域環境課 電話042-780-1404
 ・津久井警察署(地域課か生活安全課) 電話042-780-0110

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15