ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成30年9月1日号

まさかこんなところで・・・「イタイ」思いをする前に予防救急

3/60

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

身近な環境や慣れた動作が、ほんの少しの不注意でけがの原因となります。救急車を要請するような転倒、転落などのけがを未然に防げるよう、日頃から意識して行動しましょう。

平成29年にけがや窒息(一般負傷)で救急搬送された人4,422人
・けがなどの発生場所 6割以上が家の中
・家の中でけがなどをした人のうち6割以上が65歳以上の高齢者

◆家の中のここが危険!
ー面倒がらずに対策をしましょう。ー
骨折や入院してしまうほどのけがになった事例も多くあります。
その原因には、ほんの少しの注意や心掛けで防ぐことができたものもあるのです。

▽散らかった部屋
・床に物を置いたままにしない。
・電源コードを床に伸ばしたままにしない。

▽薄暗い廊下
・移動するときは部屋を明るくする。
・部屋の入り口の段差を解消する。

▽滑りやすい階段
・手すりを設置する。
・スリッパ、靴下は滑りにくいものを履く。

◆食事の時も気をつけましょう
餅やゼリーなどの食べ物は、不意に喉に詰まってしまう可能性があります。慌てずゆっくり、よくかんで食べましょう。

◆救急についてもっと知りたい!
さがみはら救急フェア2018
心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方を学べるほか、消防車、救急車の展示や子ども用防火衣の着装コーナーなどもあります。

問い合わせ:救急課 電話042-751-9142

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15