ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成30年4月15日号

野生鳥獣に関するお知らせとお願い

18/70

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

野生鳥獣は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」により、原則として捕獲できません。動きが活発になる春から秋に、鳥獣を見掛けたときの代表的な対策を紹介します。

◆野生の鳥たち
▽カラスに注意!
ひなを守るために威嚇・攻撃することがあります。近くを歩くときは帽子や傘で身を守りましょう。

▽ひなを拾わないで!
巣立ち直後のひなは上手に飛べず、地面に降りることがあります。拾ったりせずにそのままにするか、猫などに襲われる恐れがある場合は、近くの木の枝先などに止まらせておきましょう。

▽餌をあげないで!
野鳥は本来、草や樹木の種子・芽など自然のものを食べる生き物です。野鳥に餌をあげると個体数が過大に増加したり、人を恐れなくなったりするだけでなく、悪臭や衛生・生活環境の悪化などを招く恐れがあります。

◆傷ついたり、弱ったりしている動物を見掛けたときは
けがをした野生動物は、県自然環境保全センター(厚木市七沢657 電話046-248-0323)で保護しています。
※市の施設で保護することはできません。

◆野生の動物にすみ着かれたら
野生の動物が屋根裏や軒下にすみ着いた、夜中に動物の足音が聞こえるなどの生活被害を防ぐためには、木酢液やミント、煙による殺虫剤を使用した建物からの追い出しや、侵入口をふさぐ、生活環境を清潔に保つなど寄せ付けない対策が必要です。

《このような対策をしても被害に困っている場合》
住んでいる地区の担当課へお問い合わせください。

◆クマに注意!
市内の山中にはクマが生息しています。クマが出没する可能性がある山間地に行く時は、次のような対策を十分に行ってください。

▽クマに出合わないようにしましょう
・できるだけ山に入らない
・クマが活発に行動する朝夕や霧が出ている時を避ける
・鈴、笛、ラジオなど音がするものを身に着け、2人以上で行動する

▽クマを引き寄せないように注意しましょう
・野山に生ごみを捨てたり、野生動物に餌を与えたりしない
・生ごみや廃棄果樹、野菜などを適切に処理する

▽もしもクマに出合ってしまった場合には
・慌てて立ち上がったり、大声を上げて騒いだり、物を投げ付けたりして、クマを刺激しない
・クマに向き合ったまま、動きを見ながらゆっくり後退する。クマに背中を見せて走って逃げない

*クマに関する問い合わせ
問い合わせ:水みどり環境課 電話042-769-8242

*クマを目撃、または痕跡を発見したら
問い合わせ:
津久井地域環境課 電話042-780-1404
津久井警察署 電話042-780-0110

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15