ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成30年12月1日号

12月4日~10日は人権週間『多様な性のあり方を認め合おう』

12/59

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

誰もが生まれながらにして持っている「自分らしさ」を大切にし、幸せに生きていくためには、お互いの違いを理解し、尊重していくことが大切です。私たちがそれぞれに持つ性の価値観も、大切な個性の一つです。

◆まずは知ることから LGBTとは
L:レズビアン(女性の同性愛者)
G:ゲイ(男性の同性愛者)
B:バイセクシュアル(両性愛者)
T:トランスジェンダー(「身体の性」と「心の性」が一致しない人)
の頭文字をとった総称であり、性的少数者を表す言葉の一つです。

LGBT以外にも、男女どちらにも恋愛感情を抱かない人や自分の性を決められない・分からないなど、多様な性のあり方があります。

◆13人に1人が持つ心の価値観
民間の調査では、13人に1人がLGBTを含む性的少数者であるといわれています(※)。
これは左利きの人や、血液型がAB型の人の割合とほぼ同じです。知人の中にLGBTはいないと思っていても、それはあなたが気付いていないだけかもしれません。
セクシュアリティーは見た目では判断がつきづらく、周りとの違いを理由に受ける差別やいじめを恐れ、ありのままの自分を隠している人も少なくありません。
誰もが自分らしく生きるためには、人数の多い少ないにかかわらず、自分が持つ価値観以外にもさまざまな性があることを知ることが大切です。
※電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」

◆性的少数者(セクシュアル・マイノリティー)の相談窓口
性同一性障害(GID)や性的指向(同性愛など)に関する相談を受け付けています。心の相談や、学校や職場での生活に関する悩みなどを相談できます。
時間:午前8時30分~正午、午後1時〜5時(土・日曜日、祝日等、年末年始を除く)
※専門の機関ではありません。


■人権のことで困ったときは
対象別に相談を受け付けています。
▽みんなの人権110番
さまざまな人権問題についての相談
電話0570-003-110

▽子どもの人権110番
いじめや虐待など子どもの人権に関わる相談
フリーダイヤル0120-007-110

▽女性の人権ホットライン
配偶者やパートナーからの暴力やセクハラなどの相談
電話0570-070-810

▽児童相談所全国共通ダイヤル
「虐待かも」と思った時の相談・通告
電話189(いちはやく)(24時間受付)

▽相談日
午前8時30分~午後5時15分
(土・日曜日、祝日等、年末年始を除く)
※050で始まる電話からはつながらない場合があります。


■12月10日~16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間
▽北朝鮮人権侵害問題啓発パネル展
北朝鮮当局による拉致問題について考えてみませんか。
日時:12月11日(火)~17日(月)午前8時30分~午後10時(17日は午後5時まで)
会場:あじさい会館

▽人権啓発講演会「夢と絆」
拉致被害者の蓮池薫さんが、自らの経験を通じて、家族との絆や拉致問題の現状について語ります。
全国中学生人権作文コンテスト相模原地区優秀作品発表会
人権啓発講演会
日時:1月12日(土)午後1時30分~4時
会場:あじさい会館
定員:250人(申込順)
※手話通訳・要約筆記あり
申し込み:1月4日までに、電話で市コールセンター(電話042-770-7777)へ

——–
問い合わせ:人権・男女共同参画課
電話042-769-8205

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15