ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成30年1月15日号

全ての子どもたちが夢と希望を持って成長していける社会を目指して

4/63

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

■平成30年4月に高等学校など入学する人へ
新たな給付型奨学金が始まります
経済的な理由により、高等学校など(※1)での修学が困難な生徒を対象に、返還不要の奨学金を給付します。
※1 高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校、専修学校高等課程
◆入学支度金
奨学金の種類:高等学校などに入学する時に必要な制服代や学用品費
給付額:2万円
給付時期:高等学校などの入学後

◆修学資金
奨学金の種類:在学中に必要な授業料以外の教育費
給付額:年額10万円(在学中の3年間)※2
給付時期:8月・12月・3月(年3回)
※2 修業年限が3年を超える場合は、大学入学資格を取得できる最短修業年数を限度とします。

▽ステップ1 まずは確認
あなたは給付対象?チェックシート
※全てに該当する人が対象(要審査)
□生徒と保護者が市内在住
□次のいずれかに該当
・中学校3年生
・中学校卒業後、事情により進学していなかった、平成30年4月1日時点で18歳未満
□高等学校などに入学予定
□入学後も継続して在学し、卒業を目指す意欲がある
□生徒と保護者の市民税所得割が非課税
□生徒と同一住所に住む世帯員全員の市民税所得割が非課税
□生活保護を受けていない

▽ステップ2 申請の準備
必要書類を用意しましょう
・奨学金給付申請書
配布場所:各中学校・公民館(青根を除く)〈市ホームページにも掲載〉

・生徒の保護者と、生徒と同一住所に住む世帯員全員の29年度「市民税・県民税課税(非課税)証明書※3」か「市町村民税・県民税税額決定通知書」の写し
※3 保護者と世帯員が29年1月1日時点で市外に住んでいた人は、その自治体で取得する必要があります。

▽ステップ3 申請
必要書類を提出しましょう
申請:市立中学校に通っている人は在学する中学校、それ以外の申請希望者は学務課(電話042-769-9262)へ電話連絡の上、簡易書留郵便で同課へ
提出期限:2月16日(必着)

◆奨学生の相談を受け付けます
奨学生が入学後も安心して学業を続け、卒業を目指すことができるよう、奨学生を対象とした相談支援を行います。学校や家庭などで悩みがある場合は、青少年相談センターに相談してください。カウンセラーが一緒に考えていきます。
※奨学生に決定した人には、決定通知にパンフレットを同封します。

■就学援助を受けている小学校6年生の保護者へ
入学準備金を支給します
子どもの就学について、経済的理由で困っている保護者に対し、中学校入学前に入学準備金を支給します。

◆入学準備金って?
これまで入学後に支給していた、就学援助制度の「新入学生徒学用品費」を、入学前に前倒しして支給するものです。支給額も今年度から増額となりました。
支給額:4万7,400円(定額)
支給日:3月中旬(予定)

▽ステップ1 まずは確認
あなたは支給対象?チェックシート
※全てに該当する人が対象(要審査)
□4月に中学校へ入学予定の子どもの保護者
□2月1日時点で、子どもが市内在住で、「平成29年度就学援助(就学奨励金)」の交付要件(※4)を満たす
□生活保護を受けていない
※4詳しくは市ホームページをご覧になるか、市コールセンターお問い合わせください。

▽ステップ2 申請の準備
申請が必要か確認しましょう
Q.すでに29年度就学援助(就学奨励金)の交付決定を受けていますか?
はい→申請は不要です
いいえ→申請が必要です。次の書類を用意しましょう
・平成29年度就学奨励金交付申請書兼委任状・口座振替依頼書
配布場所:各小学校・公民館(青根を除く)・区役所区民課(市ホームページにも掲載)
※その他添付書類が必要になる場合があります。詳しくは市ホームページをご覧になるか、市コールセンターお問い合わせください。

▽ステップ3 申請
必要書類を提出しましょう
申請:直接、子どもが在学する学校へ
提出期限:1月31日

注意!
・「入学準備金」を受給した人も、中学校入学後に「平成30年度就学援助」の申請が必要です。
・「入学準備金」を受給した人は、従来の「新入学生徒学用品費」は受給できません。

問い合わせ:市コールセンター 電話042-770-7777

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15