ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成29年11月1日号

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間

17/63

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

配偶者や恋人などからの暴力(DV=ドメスティック・バイオレンス)や性犯罪、ストーカー行為、セクハラなどに苦しむ被害者の多くは女性です。このような行為は人権を侵害するものであり、決して許されるものではありません。「家庭内の問題だから」「自分にも悪いところがある」「自分さえ我慢すればいい」などと一人で抱え込まず、ぜひ相談してください。

◆DVとは、次のような行為です
・殴る、蹴る、突き飛ばす
・生活費を渡さない
・人前でばかにする、ののしる
・交友関係や電話・メールを監視する
・長時間、無視をする
・嫌がっているのに性行為を強要する

◆DVが与える影響
▽被害者
けがなどの身体的な影響だけでなく、PTSD( 心的外傷後ストレス障害)など、精神的な影響を受けることもあります。

▽子ども
直接的な暴力だけでなく、暴力を目撃することによる心身へのさまざまな影響が懸念されます

◆デートDVについて知っていますか?
恋人との間で起こる暴力のことをいいます。平成26年度に内閣府が20歳以上の男女に行った調査では、約7人に1人が、交際相手から暴力を受けた経験があると答えています。
殴る・蹴るなどの身体的な暴力のほか、「思い通りにならないことがあると激高する」「LINEが既読にならないといつも怒る」などもデートDVに当たります。

◆九都県市共同キャッチフレーズ
言い訳にしない「好きだから」~ストップ デートDV~
九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、共同でデートDV未然防止の啓発に取り組んでいます。

問い合わせ 人権・男女共同参画課 電話042-769-8205

◆市配偶者暴力相談支援センター
DV相談専用電話 電話042-772-5990
相談日時:
毎日(毎月第4月曜日、12月29日〜1月3日を除く)午前10時~午後4時30分(火・木曜日は午後8時まで)

◆女性の人権ホットライン
電話0570-070-810
※050で始まる電話からは利用できません
受付日時:月~金曜日(祝日等を除く)午前8時30分~午後5時15分

▽11月13日~19日は強化週間
時間を延長して相談を受け付けます。
日時:
月~金曜日 午前8時30分~午後7時
土・日曜日 午前10時~午後5時

問い合わせ 横浜地方法務局 電話045-641-7926

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15