ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 平成29年11月1日号

みんなで考えよう 未来のさがみはら 20年後のまちづくりを見据えて

31/63

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

人口減少、少子高齢化により、私たちの暮らしを取り巻く環境が転換期を迎えている今、市の強みを生かしたまちづくりが求められています。20年先の未来に向け、私たちの暮らしをより良くしていくためにどんな都市にしていきたいか、一緒に考えてみませんか。

◆知っていますか?これからの相模原市を取り巻く環境
▽進む高齢化、減る人口
2005年には現役世代の大人が5人で1人を支えていたが、2035年には2人で1人を支えていく時代に
・2019年をピークに市の人口が減り始めます
・30年間で高齢者を支える世代が半分以下になります

▽財政面にも課題が
市の財政を簡単に表すと…(歳出の変化)

・福祉や医療などの社会保障に使うお金(民生費)は年々増えている一方で、公園や道路などのまちづくりに使うお金(土木費)は減っています

◆あなたの声を聞かせてください
▽街角で直接
本市の特徴などをパネルで紹介する展示コーナーを設置
皆さんから多様な意見をお聞きするため、市内各所でアンケートを実施します。近くの会場やお出掛け先で皆さんの考える本市の将来像を教えてください。

▽インターネットでいつでも
街角で展示するパネルなどは、市ホームページでもご覧いただけます。また、アンケートにも参加できます。
詳しくは市ホームページへ
都市計画マスタープラン(相模原市公式ホームページ)

頂いた意見は「次期都市計画マスタープラン」など、新たなまちづくりの検討に当たって参考にさせていただきます。

問い合わせ 都市計画課 電話042-769-8247

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15