• 今日27/21
  • 明日28/20
文字サイズ

麻溝台・新磯野(A and A)のまちづくり これまでとこれから(3)

4/4

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

■これからどのように進めるの?
・職員体制の強化や、専門的・総合的な業務支援委託により、安定した施行体制で事業を運営します
・適時・適切に工事などの発注・契約や、業者との綿密な連絡調整を行います
・地中障害物や土壌汚染の適切な管理を継続し、処理を実施します
・事業進捗に伴う経費増減を適切に管理し、必要に応じて資金計画を変更します

▽主なスケジュール
※調整や協議の進捗状況により、今後変動する可能性があります。

※1 換地とは、従前地に換えて定める施行後の宅地
※2 使用収益とは、土地を使用して生活や事業などができるようになること

■どんなまちができるの?
圏央道相模原愛川インターチェンジからの広域交通ネットワークを生かし、産業を中心とした新たな拠点として、まちの価値を高め、魅力ある市街地の整備を目指します!

◆第一整備地区
▽企業を誘致するとともに、にぎわいを創出します
・産業系の共同売却街区を2街区設ける予定で、大きな産業用地へ企業を誘致(そのうちの一つの街区は、立地事業候補者を選定済)
・地区の住民や進出する企業で働く人などの生活利便性の向上を図るため、生活支援系ゾーンに商業施設などの誘致を想定し、にぎわいを創出

▽良好な住環境を形成します
・隣接する住宅地との連続性などを考慮し、良好な住環境を作る
・住居系ゾーンで世帯数を約1,100世帯、計画人口を約2,800人と想定

▽環境と共生する都市づくりを進めます
・周辺環境との調和や環境負荷の低減に配慮するなど、環境と共生する都市づくりを進める

・生活支援系ゾーンイメージ
商業施設などの立地を想定。今後、事業者を募集予定

・住居系ゾーンイメージ

・産業系ゾーンイメージ
産業系の共同売却街区。今後、事業者を募集予定

・産業系共同売却街区イメージ
産業系の共同売却街区。
立地事業候補者:株式会社ギオン

◆後続地区(北部地区・南部地区)

▽良好な操業環境の形成を検討します
・隣接する麻溝台工業団地との連続性などを考慮し、産業系の土地利用を視野に入れ、良好な操業環境を作ることを検討

▽民間活力による市街地整備を誘導します
・地権者との協力のもと、民間活力による市街地整備を誘導し、新たなまちづくりを目指す

今後も、一層の事業費圧縮と施行期間の短縮を図りながら、取り組みを加速させ、本事業が、市全体の都市の活力を支える拠点となるよう、市民の皆さんのご理解とご協力のもと、全職員が一丸となってまい進していきます。

———-

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU