• 今日7/4
  • 明日11/5
文字サイズ

自分の暮らしを脱炭素で塗り替えよう!

5/59

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

本市は、地球温暖化対策を推進し、2050年のCO2排出量を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指しています。
エネルギーを効率よく利用する脱炭素型のライフスタイルは、電気代の削減など、賢い暮らしのヒントでもあります。
あなたも環境にやさしく・賢く・おトクな脱炭素ライフができているかチェックしてみましょう!

■あなたはできてる?
環境にやさしく・賢く・おトクな脱炭素ライフ!

▽長時間使わないときはプラグを抜く
プラグがコンセントに挿さっているだけでも電力を消費します

▽使っていない電気は小まめに消す

▽電球をLED照明にする
同程度の明るさの白熱電球と比較して、約86%も省エネ!年間電気代約2,510円(※)もおトク!

▽冷蔵庫は詰め込み過ぎず、冷凍庫は隙間なく
▽古い冷蔵庫を省エネ性能の高いものに買い替える
年間電気代約4,600~6,220円(※)もおトク!

▽太陽光パネル・蓄電池を導入する
災害時などで停電が発生しても安心! 初期費用0円で導入できる太陽光発電設備の設置プランもあります
→「0円ソーラー かながわ」で検索

▽冬は高過ぎず、夏は低過ぎない設定温度にする
夏は室温28℃、冬は室温20℃が目安

▽古いエアコンを省エネ性能の高いものに買い替える
年間電気代約2,480円(※)もおトク!

▽窓の熱の出入りを防ぐ
カーテンやブラインドで熱の出入りを調節し、冷暖房の効率を上げましょう複層ガラス、二重サッシにするとさらに効果的!

▽扇風機やサーキュレーターを一緒に使って部屋の空気を循環させる
暖め過ぎ・冷やし過ぎを防いで、エアコンの効率をアップ!

▽お風呂は家族で時間を空けずに入る
追いだきに使用するエネルギーを削減!

▽通勤や買い物、近場の外出には、徒歩・自転車を使う

▽電気自動車を導入する
動く蓄電池としても活用でき、災害時も安心!

※出典:(一社)家電製品協会「スマートライフおすすめBOOK」(2022年6月)

◆脱炭素な暮らしのヒント
環境省では、「ゼロカーボンアクション30」として、身の回りの脱炭素につながる具体的な行動の例をカテゴリーごとに紹介しています。
あなたも、生活の中に隠れている「脱炭素」を見つけてみませんか。

◆市のCO2排出量の構成比
本市のCO2排出量の約2割は家庭部門から排出されています。家庭での省エネなどの取り組みは、脱炭素社会を実現するために重要なものとなっています。

・市CO2排出量の内訳
出典:市温暖化対策計画実施状況報告書(令和2年度報告)

問い合わせ:ゼロカーボン推進課
電話042-769-8240

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU