• 今日23/14
  • 明日27/16
文字サイズ

《防災》点検していますか? 住宅用火災警報器

12/56

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ
記事本文を読み上げる

住宅用火災警報器(以降、住警器と表記)の設置が義務化されてから、10年がたちました。10年前に設置したものは、電池切れや電子部品の劣化で、火災を感知しなくなっていることがあります。点検・交換してください。

Q.なぜ住警器が必要なの?
住宅火災での死者数が全国で1,000人を超えて推移した(*1)ことから、住宅火災での死者を減らすために、住警器の設置が義務化されました。

Q.住警器って役に立つの?
火災を早期に発見できた事例があります。就寝中に住警器の警報音に気付き、消火を実施できたため、火災の被害を抑えることができました。また、庭の掃除中に警報音に気付き、発見・通報できた例もあります。

Q.住警器はどこに取り付けたらいいの?
寝室、階段、台所などの場所に、取り付けが義務付けられています。
*1 出典:総務省消防庁「住宅火災の発生件数と死者数の推移」

問い合わせ:予防課
電話042-751-9117

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU