ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和3年2月1日号

《コロナ》緊急事態宣言期間中・期間終了後も、気を緩めずに予防対策を!

6/40

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

■新型コロナウイルス感染症の感染拡大、他人事だと思っていませんか?
あなたの行動が2週間後、数カ月後の未来を変えてしまう!?

◆油断大敵!感染リスクが高まる「5つの場面」
(1)飲食を伴う懇親会など
(2)大人数や長時間の飲食
(3)マスクなしでの会話
(4)狭い空間での共同生活
(5)居場所の切り替わり
※休憩時に居場所を変えると、気の緩みや環境変化が起こりやすい

▽クラスター発生の原因に

▽医療機関への負担増加
・既に医療従事者の疲労は限界…
▽経済活動の制限
・営業時間の短縮などにより通常の経済活動ができなくなる可能性も…

◆悪化すると…社会全体の問題に!
▽療養サポート体制の崩壊
・同居している家族に高齢者や感染した時のリスクが高い人がいても、宿泊療養できなかったり療養中の急変にも対応できなかったりする事態になるかも…

▽医療崩壊
・風邪や体調不良などで医療機関の受診ができなくなるかも…
・手術待ちや受診控えが起こり、必要な人に必要な医療が提供できない事態に

▽経済活動への大ダメージ
・経済活動が大きく制限されると、失職や倒産など、日常生活に大きな影響が出てしまうかも…

■状況悪化を防ぐため、気を緩めずに「ちょっとした予防」を積み重ねていきましょう
◆まずは感染しないこと、そのためにできることを考えて実行しよう!
・不要不急の外出自粛
・適切なマスク着用
・アルコール消毒や手洗い・うがい など

◆市でもこんな取り組みを実施
▽ワクチン接種に向けた取り組みを進めています
国から示されているワクチン接種のスケジュールは以下の通りです。
*2月下旬 医療従事者
*3月下旬 高齢者
*以降順次
・基礎疾患のある人
・高齢者施設等の従事者 など
※ワクチン接種の対象者や期間などは、具体的に国から示されたら、広報さがみはらなどでお知らせします。

▽新たにワクチン接種の専門部署などを設置しました
ワクチン接種に向けて、必要な準備を着実かつ早期に進め、市民の皆さんに2回の接種を行っていきます。
・新型コロナウイルスワクチン接種班(疾病対策課内に新設)
・感染症対策課(新設)

▽外出自粛の呼びかけを実施しました
緊急事態宣言を受けて、地域の飲食店や街頭などで、時短営業や外出自粛など、感染拡大防止対策のお願いを呼び掛けました。

問い合わせ:
疾病対策課 電話042-769-8346
感染症対策課 電話042-769-8204

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15