ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和3年1月1日号

希望を抱ける未来をめざして

5/52

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

市民の皆さまにおかれましては、輝きに満ちた新年をお迎えのことと存じます。昨年は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行という誰も経験したことのない事態が起こり、今もなお、終息を見通せない状況が続いております。医療をはじめ、市民の暮らしを支える最前線で対応を続けられている方々へ改めて敬意を表するとともに、市民の皆さまや事業者の方々には、感染予防の取り組みへのご協力や、市の対策へのご理解、ご支援をいただいていることに、深く御礼申し上げます。
そのような中、本市にあるJAXA相模原キャンパスを故郷とする小惑星探査機「はやぶさ2」が、昨年12月に、小惑星リュウグウから採取したサンプルを地球に帰還させるという、壮大なミッションを見事に成し遂げました。さらに次のミッションへと旅立った「はやぶさ2」の限界に挑み続ける姿は、これからも私たちに勇気を与えてくれることと思います。
さて、本年は、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。本市は、ホストタウンとしてブラジル、カナダの選手をお迎えするとともに、自転車ロードレース競技コースの一部に設定されています。自転車競技に適した地形を持つ本市は、昨年11月に新たなホームタウンチームとして、片山右京氏率いる自転車ロードレースチーム「Team UKYO SAGAMIHARA」に加わっていただきました。本年5月には、オリンピックの競技コースの一部を活用して、国内最大規模の自転車ロードレース大会である「ツアー・オブ・ジャパン」が開催されますので、皆さまの応援をよろしくお願いいたします。
また、昨年11月に在日米陸軍相模総合補給廠の一部にオープンした相模原スポーツ・レクリエーションパークも、スポーツに親しめる憩いの場所として、順次利用エリアを広げてまいります。
そして、市民の皆さまには、本市での暮らしに明るい未来を思い描いていただけるよう、SDGs未来都市に選定された都市としての誇りとともに、本年も、誰一人取り残さない持続可能な社会の形成や多くの方々に選ばれるまちづくりに、尽力してまいります。
また、これまで以上に本市への誇りと愛着を抱いていただけるよう、シビックプライド醸成の気運を一層高めるための取り組みも進めてまいります。
市政に対する皆さまの変わらぬご協力をお願い申し上げますとともに、本年が皆さまにとりまして、希望に満ちあふれる一年となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

相模原市長 本村賢太郎

■テレビ広報「新春特別番組」
「市長と語る 2021年のさがみはら~「はやぶさ2」帰還、そして新たなる旅へ~」を放送します。ぜひご覧ください。
放送局:テレビ神奈川(tvk)
放送日時:1月1日(祝)午前11時~11時15分
※1月上旬から、市ホームページの動画サイト「相模原チャンネル」でもご覧になれます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15