ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和2年9月15日号

おうちde楽しもう!『相模原市聖地(ロケ地)』巡り

17/50

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

■あの映画、この映画、市内がロケ地だったんだ!
~懐かしの作品から最近の話題作まで、みんなでおさらい!~

話題になった映画には、実は相模原市がロケ地になっているものがたくさんあります。
作品を鑑賞することでロケ地を巡り、おうち時間を楽しく過ごしませんか。

▽ホペイロの憂鬱
2018年/相模原ギオンスタジアム(南区下溝)ほか
サッカーJ3クラブを舞台にした初の相模原市オールロケ作品!およそ500人もの市民エキストラが参加した試合シーンは迫力満点!
・市民エキストラの皆さんの熱演も映画の盛り上がりに花を添えました
(C)「ホペイロの憂鬱」製作委員会/フィルム・クラフト

▽ラフ
2006年/さがみはらグリーンプール(中央区横山)ほか
水泳にかける高校生たちの青春ラブストーリーで、原作者は『タッチ』で有名な人気漫画家・あだち充さん。フィルムコミッション設立当初に市内で撮影された作品です。さがみはらグリーンプールのほかに、相模女子大学や光明学園相模原高等学校の教室でも撮影され、自分の使っていた教室がロケ現場になった!という人もいるかもしれませんね。
・市民憩いのグリーンプールも、ロケ当日は日本選手権の大会会場に様変わり!
「ラフ スタンダード・エディション」DVD発売中(¥3,800+税)
発売元:小学館
販売元:東宝
(C)2006「ラフ」製作委員会

▽翔んで埼玉
2019年/相模川 高田橋周辺(中央区田名)
公開当時、自虐的な名台詞の数々が話題を呼んだ異色作。笑いと深い郷土愛で描かれた作品の見どころの一つが、埼玉県人と千葉県人が川を挟んでぶつかり合うシーン。実は相模原納涼花火大会などでおなじみ、相模川の高田橋付近で撮影されていたのです。
・誰もがクスッと笑ってしまう、あの名対決シーンを彩ったのぼり旗や“デコトラ”が集結
映画「翔んで埼玉」
原作:魔夜峰央「このマンガがすごい!comics翔んで埼玉」(宝島社)
監督:武内英樹
脚本:徳永友一
(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

◆世界中から注目を浴びた小惑星探査機初代「はやぶさ」の感動を映画でもう一度!
小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワからサンプルを採取し、奇跡の帰還を果たしてから今年で10年。数々のトラブルを乗り越え、7年間の長旅の末、地球に帰還した「はやぶさ」の偉業とその関係者たちを描いた映画が全国で上映され、多くの人に感動を与えました。映画は、市内にあるJAXA相模原キャンパスが舞台。JAXA相模原キャンパス以外にも、市内で撮影したシーンがたくさんあります。後継機である「はやぶさ2」の帰還前に、作品を見て気分を盛り上げましょう!
『はやぶさ2』もこの冬いよいよ帰還!

▽おかえり、はやぶさ
2012年/新戸スポーツ広場(南区新戸)、淵野辺東小学校(中央区東淵野辺)
『おかえり、はやぶさ』(2012年)
監督:本木克英
写真提供:松竹

▽はやぶさ遥かなる帰還
2012年/JAXA相模原キャンパス(中央区由野台)
『はやぶさ 遥かなる帰還』Blu-ray and DVD発売中(Blu-ray4,800円+税、DVD3,800円+税)
販売元:東映
発売元:東映ビデオ

▽はやぶさ/HAYABUSA
2011年/JAXA相模原キャンパス(中央区由野台)、杜のホールはしもと(緑区橋本)ほか

◆おうちde聖地巡りをもっと!楽しむコツ
▽原作を読んでみよう
本市で撮影をした作品には、小説や漫画が原作となっているものが多くあります。映画やドラマで作品に興味を持ったら、書籍でも楽しんでみませんか?図書館では市内で撮影された作品の原作なども貸し出していますので、ぜひ利用してください。

▽さがみはらファンサイトSagamihara FAN FUN FANでさらに楽しむ!
本市でロケをした作品のうち、紙面に掲載しきれなかった写真などを公開中。おうちで市内のロケ地を探してみませんか。

▽例えばこんな本
『ホぺイロの憂鬱 JFL篇』(井上尚登/著 創元推理文庫2010年)
『ラフ』(青木ひかる/著 あだち充/原作 小学館2006年)

◆いざ!相模原ロケ地の世界へ
今回ご紹介した作品以外にも、緑区などの自然の風景や、主要駅付近の都会的な町並みなどが、たくさんの映画やドラマに登場しています。さがみはらフィルムコミッションのホームページに詳細を掲載していますので、おうち時間に作品を鑑賞しながら、ロケ地・相模原を探してみてください。
そして、相模原の風景を見つけたら、ぜひ周りの皆さんに発信・共有してくださいね。

問い合わせ:さがみはらフィルムコミッション(市観光協会内)
電話042-775-5277

《映画やドラマのロケを誘致し、撮影をサポートする「ロケの総合窓口」》
■さがみはらフィルムコミッションは15周年を迎えます
市内外からの観光客誘致や地域振興への活用を目指し、活動を始めてから今年で15年。これからも、たくさんの作品を通して本市の豊かな自然や街並みを知ってもらうことで、市内外に地域の魅力を発信し、市のプロモーションにつなげていきます!

▽フィルムコミッション設立15周年記念パネル展示
市内で撮影された映画やドラマのロケの様子をパネルにし、15年間の軌跡を紹介します。
※期間中はミニイベントも開催予定。詳しくはさがみはらフィルムコミッションホームページをご覧ください。
日時:11月3日(祝)~29日(日)午前9時30分~午後4時30分
会場:県立相模原公園 サカタのタネグリーンハウス

広い市内を街と里山、2つの事務局で撮影サポートしています。

問い合わせ:
・さがみはらフィルムコミッション 電話042-775-5277
・さがみはらFC つくい事務局 電話042-689-4747

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15