ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和2年8月1日号

みんなのすこやかナビ《コラム~食中毒に注意しましょう!~》〔8月は食品衛生月間〕

19/33

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

気温・湿度とも高くなる夏は、食中毒を起こしやすい季節です。調理前の手洗いや食品の衛生的な取り扱いを心掛けましょう。

■食中毒予防3原則
菌を
・つけない 手や調理器具をしっかりと洗浄する
・増やさない 冷蔵庫は5℃以下に、冷凍庫は-15℃以下にする
・やっつける 食材の中心まで十分に加熱する

■夏は特にココに気を付けましょう
▽弁当などをテイクアウトするときは
・購入したらすぐに食べる
・食べる直前に手を洗う
・食べ切れる量だけ購入する

ココがポイント!
持ち歩かずにできるだけ早く食べましょう。夏は食中毒を引き起こす細菌が急激に増殖します。

▽食材を保存するとき
・5℃以下で保管する

▽食材を調理するとき
・十分に加熱する

ココがポイント!
食中毒菌は生き物なので、低温か高温にすると分裂・増殖を防げます。

▽肉を取り扱うとき
・調理するときに使う器具、食べるときに使う器具などを使い分ける
・中心まで十分に加熱して食べる

ココがポイント!
調理のときはトングや菜箸などを使い、食べるときの箸などとは分けましょう。

※食中毒予防について詳しくは、市ホームページをご覧ください。

問い合わせ:生活衛生課
電話042-769-9234

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15