ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和2年7月1日号

学校再開 新しい日常へ

4/32

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

緊急事態宣言の解除を受け、本市の小・中学校・義務教育学校でも6月から段階的に学校が再開しました。待ちに待った新学期、これまでとは違う学校での生活様式に、子どもたちもドキドキ。再開にあたって各学校では、感染防止策を徹底しながら授業を進めています。今回は、静かだった校舎に子どもたちが戻ってきた緑台小学校の様子を紹介します。

学校では、子どもたちが安心して学校生活を送れるように、マスク着用が適さない体育・音楽などの授業や給食の配膳方法などについても、今までとは違うやり方を検討・実施しています。

■学校再開時の対策
・マスク着用の徹底
・登校時の健康観察
・手洗いの呼びかけ
・教室内の机や指導時の間隔確保
・ドア、手すり、スイッチなどを毎日消毒
・保健室の入り口を、けがと内科的な手当てで分ける など

▽マスクの着用
マスク着用・換気をしながらの授業。
新しいクラスメイト、新しい先生、新しい学校生活に子どもたちも緊張気味?

▽休み時間の手洗い
率先して手洗いをする姿が多く見られました

▽その他
登校時も自主的に距離を保って登校していました
感染症のことや学校での注意点を校内のさまざまな場所で掲示

■この危機をきっかけに、子どもたちの力を育てたい
感染予防のための休校という経験を通して、子どもたちは学校生活でないと学べないことや、友達と一緒に過ごせることの喜びに改めて気づいた様子でした。今回の休校や新しい学校生活を通して、命の大切さや、こうした危機に際しての対応力、自分で解決していく力を身に付けていってほしいですね。
緑台小学校 今野 功校長

問い合わせ:学校教育課
電話042-769-8284

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15