ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和2年5月15日号

新型コロナウイルス感染症 ~続けよう一人ひとりができる感染予防~

4/34

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

誰もが感染しうる、そして、誰もが気づかないうちに感染させてしまう可能性のある感染症です。

■人との接触を8割減らす、10のポイント
出典:新型コロナウイルス感染症専門家会議(4月22日)

1.ビデオ通話でオンライン帰省
2.スーパーは1人または少人数ですいている時間に
3.ジョギングは少人数で。公園はすいた時間、場所を選ぶ
4.待てる買い物は通販で
5.飲み会はオンラインで
6.診療は遠隔診療
定期受診は間隔を調整
※まずは医療機関にご相談ください
7.筋トレやヨガは自宅で動画を活用
8.飲食は持ち帰り、宅配も
9.仕事は在宅勤務
通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のために
10.会話はマスクをつけて

■ステイホームを応援!
相模原おうちdeシビックプライド 始まってます
相模原の魅力をパソコンやスマホで楽しめるコンテンツが盛りだくさん。せっかく家で過ごす時間、“シビックプライド”に磨きをかけましょう!
・何問正解できるかな?『さがみはらファンサイト』さがみはら検定
・昔懐かしい映像も・・・『相模原チャンネル』動画ライブラリー
・分かったようで分かっていなかったSDGsをキャラクターが紹介 『SDGs one by one』

■医療現場で頑張っている医療従事者の皆さんを「感謝」の「気持ち」で「応援」しましょう!
新型コロナウイルス感染症の治療に当たる医師や看護師など、医療従事者の皆さんは、最前線で未知のウイルスに立ち向かっています。
高度で専門的な技術が必要とされる中、自らや家族が感染するリスクと闘いながら、大切な命を救うために献身的に頑張ってくださっています。
私たち一人ひとりができることを実践することで医療崩壊を防ぎ、医療従事者の皆さんや彼らを支えるご家族を感謝の気持ちで応援しましょう。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15