ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和2年3月1日号

《健康》新たな国民病『慢性腎臓病(CKD)』減塩生活や健康診査で防ぎましょう

15/51

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

■3月12日(木)は世界腎臓デー
慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の機能が慢性的に低下している状態です。予防には、塩分の取り過ぎに注意するなど、日頃から規則正しい生活を送ることが大切です。

●慢性腎臓病(CKD)
成人の約8人に1人がかかる病気です
(1)腎機能(eGFR)が60ml/分未満
(2)タンパク尿がみられる
(1)(2)のいずれか、両方が3カ月以上持続した状態
※放置すると、心筋梗塞や脳卒中、人工透析などのリスクが高まります。

●まずは健診結果をチェック!
最近受けた健康診断の結果で数値を確認しましょう。
※早期にCKDを発見するには、定期的に健康診断を受けましょう。該当する人は、かかりつけ医を受診してください。

●予防には…減塩が効果あり
▽1日当たりの塩分の目安
・男性7.5g未満
・女性6.5g未満
みそ汁1杯 塩分約2g
漬け物 塩分約1.6g
出典:「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

問い合わせ:健康増進課
電話042-769-8322

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15