ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和元年6月1日号

家庭でできる食中毒予防

6/61

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

◆暑い時季が来る前から対策を
湿度や気温が高くなるこれからの時季は、食中毒が発生しやすくなります。早めに対策を始めましょう。

◆5つのポイント
▽購入
・なるべく新鮮な食品を選び、早めに食べ切れる量だけを買う
・購入したらすぐに持ち帰る

▽保存
・温度管理が必要な食品は、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に保存する
・冷蔵庫には詰め込み過ぎない(温度のムラを作らない)

▽調理
・調理の前に、せっけんなどを使い手を洗う
・加熱調理が必要な食品は、中心まで十分に加熱する

▽食事
・食事の前にせっけんなどを使い手を洗う
・調理後は時間を置かずに食べる

▽後片付け
・使った食器などはすぐに洗い、清潔な布巾で拭き、水気を残さない
・残った食品は冷蔵庫で保存し、温め直すときは、十分に加熱する
・時間がたち過ぎた食品は、思い切って捨てる

問い合わせ:
・生活衛生課
電話042-769-9234
・同課津久井班
電話042-780-1413

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15