ユーザー登録
文字サイズ

広報さがみはら 令和元年12月15日号

《くらし》大雪に備えた安全対策を

7/57

神奈川県相模原市 クリエイティブ・コモンズ

大雪になると、公共交通機関の運休や道路渋滞など、大きな影響が出ます。大雪のときは不要不急の外出を避けましょう。また、いざというときのために、大雪への備えをいま一度確認しましょう。

◆大雪で心配なことは?
・停電や電話の不通
・ドアの前に雪が積もり、建物から出られなくなる
・車が利用できなくなったり、出先で車が立ち往生したりする
・店舗では食料や生活品、燃料などが品切れになる
・住家やカーポート、ビニールハウスなどが損壊・倒壊する

▽大雪に備える
・水や食べ物、燃料、生活物品などを備蓄しましょう(推奨は1週間分)。
・長期の停電に備え、カイロや防寒具、懐中電灯などを用意しましょう。
・スコップや除雪用具を常備し、点検や整備を行いましょう。
・薬を服用している人は、薬を切らさないよう少し多めに確保しましょう。
・車は冬用タイヤに付け替え、チェーンや立ち往生した場合のスコップや毛布、長靴などを車内に準備しましょう。

▽除雪作業での事故に気を付ける
・作業は2人以上で行いましょう。
・低い屋根でも油断は禁物です。
 転落死亡事故のうち6割が1階の屋根からの転落によるものです。
・作業開始直後と疲れたときは、特に慎重に作業しましょう。
・高いところで作業するときは、はしごを固定し、命綱とヘルメットを装着しましょう。
・晴れの日は特に屋根の雪が緩んでいます。足元だけでなく、頭上から滑り落ちてくる雪にも注意しましょう。
・作業中も携帯電話を所持しましょう。

▽積雪による事故などに気を付ける
・路面の凍結などにより、交通事故や歩行中の転倒事故が起きやすくなります。
・普段よりも時間に余裕を持って行動しましょう。
・車を運転する場合、車間距離を十分取り、急ブレーキを避け、余裕を持って停車しましょう。

〔雪崩にも警戒〕
・屋根に積もった雪は、湿った雪の場合、1立方メートルあたり500kgにもなることがあり、急に滑り落ちてくることがあります。軒下や倒壊しやすいカーポートなどには近づかないようにしましょう。
・急な積雪や気温の上昇の際には、雪崩の危険性が高まります。
 台風第19号で土砂災害が発生した地域は、地盤が緩くなっている可能性があるため、特に気を付けましょう。

問い合わせ:緊急対策課
電話042-707-7044

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15