• 今日7/4
  • 明日11/5
文字サイズ

【代表質問】令和3年度決算の総括 長期化するコロナ禍での財政は

14/69

神奈川県相模原市
記事本文を読み上げる

【Q】
実質収支が過去最高となった要因と市長の総括は。

【市長】
歳出において、新型コロナウイルス感染症関連対策に集中して対応するため、業務継続計画に基づき、予算の執行を抑制したことや、歳入において、国の支援策等の効果により、市税収入が当初見込みより増収となったこと、例年にはない普通交付税の追加交付があったこと等により、過去最高の約247億円となった。しかし、実質収支の増加は一時的なものと捉えており、中長期的には依然として扶助費の増加等が見込まれるため、楽観できる財政状況にはないものと考えている。

【Q】
令和3年度予算編成でのマイナスシーリング(※1)が及ぼした影響についての認識は。

【市長】
市民の生活・財産を守るために必要な経費等については、その所要額を適切に確保したことから、市民生活への影響は最小限に抑えられたものと認識している。

【Q】
今回の剰余金を本市の将来に向けて活用していく考えは。

【市長】
市民が安全で安心して暮らせる社会を実現するため、真に必要な経常的事業は進めた上で、本市の持続的な発展に向け、中長期的な視点を持ち、少子化対策、雇用促進対策、中山間地域対策に資する取組等を中心に活用していきたい。

【Q】
決算を踏まえ、行財政構造改革プランの前提となる長期財政収支を見直す考えは。

【市長】
プラン策定時には計上していなかった麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業の経費や、今般の物価高騰等の社会経済情勢の変化を踏まえ、今後行っていく。

《用語解説》
※1 マイナスシーリング
予算の概算要求に当たり、前年度より一定率を減じたものを要求限度とすること。本市では「令和3年度 予算編成方針」において、各部局に配分する「枠配分経費」について19%の削減を求める予算要求基準を設定した。

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル10階
   相模原市
〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15

相模原市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします マイ広報さがみはら

MENU