ユーザー登録
文字サイズ

市議会だより No.207(2019年11月1日)

決算に対する討論要旨

61/67

神奈川県相模原市

詳しい内容については市議会ホームページをご覧ください。(掲載は発言順)

【反対討論】颯爽
(1)公民館有料化等で市民に負担を強いる一方、大規模事業は進められてきた。事業の実現可能性と効果を見極めるよう求める。
(2)麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業は、大量の廃棄物埋設が明らかな中、検証作業において事業実施に至った経過や手法の選択等の課題等が明らかにされることを期待する。

【賛成討論】公明党
(1)公共工事発注等に際しての災害協定を結ぶ市内企業の活用や、12月補正予算でのゼロ市債活用等、投資的経費予算の拡充に努めていることを評価する。
(2)2020東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプの受け入れ、ブラジル選手団テストキャンプ、FINAダイビングワールドシリーズ2019相模原大会の開催等、市民のスポーツへの関心を高める機会を拡大したことを評価する。

【反対討論】日本共産党
(1)公共施設の利用料金等の値上げ、スポーツ施設有料化が示されたが、受益者負担の在り方の基本方針の見直し、有料化中止を求める。
(2)国民健康保険税は、加入者の生活に影響しているという認識に立ち、保険税の引き上げを行わず、法定外繰り入れ金の維持・継続、減免の拡充等を進めることを強く求める。

【賛成討論】市民民主
(1)認可保育所等の新設、認定保育室の認可化等の結果、待機児童が8人と大幅に減少したことを評価する。
(2)国民健康保険コールセンターの開設やキャッシュカードによる口座振替サービス等、納付環境の充実に努めたことを評価する。
(3)自転車通行環境は、安全に安心して自転車を利用しようよ条例の施行後、左側通行を示す矢羽根型等の路面表示に取り組んできたことを評価する。
(4)学習支援員の配置や補習の支援等の学力保障推進事業を評価する。

【賛成討論】自民党相模原
(1)待機児童対策や、小児医療費助成の対象年齢拡大、新生児聴覚検査の費用助成、給付型奨学金の支給、小・中学校の校舎改造や普通教室への空調設備の前倒しによる整備、学力保障の推進等、子どもたちの成長を支える施策の一層の充実を図ったことを評価する。
(2)九都県市や近隣自治体等と相互応援協定を締結したことや、救助実施市の指定を受け、避難所の開設や応急仮設住宅の供与等、主体的に迅速な救助を行えるようになったこと等、防災・減災の取組を進めてきたことを評価する。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15