ユーザー登録
文字サイズ

市議会だより No.207(2019年11月1日)

【代表質問】今年度初の本格的な補正予算 諸施策実行の取組は

12/67

神奈川県相模原市

【Q】
補正予算の編成に当たっての、基本的な考え方は。

【市長】
6月定例会議の所信表明で示した「市民に開かれた市政」、「持続可能なまちづくり」、「市民が誇れるまちづくり」という3つの基本的な考え方に基づく市政運営を推進するため、施策のうち速やかな対応が必要なものを提案した。

【Q】
シビックプライド(※)に係る条例制定の必要性と効果は。

【市長】
本市への誇りや愛着を持てるまちづくりを推進するための基本理念等を、条例制定により市民と共有することで、定住人口の確保や地域の活性化につながるものと期待している。

【Q】
民間委託で児童相談所一時保護所の定員を増やす目的は。

【市長】
児童虐待通告件数の増加に伴う一時保護所の定員超過に加え、国でも子どもの地域での生活を保障するため、一時保護の場の地域分散化等を進めており、児童福祉に専門的な知識・経験を有する民間の社会福祉法人へ委託することとした。

≪用語解説≫
※ シビックプライド
市民が都市(まち)に対して持つ「誇り」、「愛着」、「共感」のことであり、こうした意識を醸成さ
せることによって、まちづくりに参画する意欲を高めていただく。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15