ユーザー登録
文字サイズ

市議会だより No.206(2019年8月1日)

【代表質問】20年後を見据えた基本構想 市長の政策反映は

7/69

神奈川県相模原市

【Q】
総合計画基本構想と、市長が公約として掲げていた政策や所信表明で述べている政策との関係は。

【市長】
所信表明については、4月の統一地方選挙時に掲げた政策に基づいたものであり、おおむね20年後を見据えたまちづくりの基本理念等を定めた基本構想の方向性は一致しているものと認識している。

【Q】
市長が掲げた政策の、基本計画への反映は。

【市長】
次期基本計画については、これまで行ってきた様々な市民参加の取組等を通じて伺ったご意見を踏まえるとともに、選挙時の政策集に掲げた施策や取組についても総合計画審議会において議論をいただきながら、策定を進めていきたい。

【Q】
国の景気見通しの変化や消費税率の引き上げにより、長期財政収支の修正が必要では。

【市長】
本市の長期財政収支については、作成時に見込んでいない制度改正や社会経済情勢の変化等、本年10月に予定されている消費税率の引き上げを踏まえ、必要に応じて、時点修正することとしており、総合計画審議会へも改めて示していきたい。

【Q】
総合計画は、市民と目指す都市像を共有できるよう、明確なビジョンを掲げ、内容も工夫すべきと考えるが、見解は。

【市長】
市が抱える大きな課題を重点テーマとして掲げ、対応する施策を分野横断的に定めること、施策の達成状況を把握する指標や計画の構成等を市民の視点に立った分かりやすいものとすること等、様々な工夫を検討していきたい。

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階
協力 相模原市 〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15